前へ
次へ

歯周病は進行する前に歯医者を頼るべき

歯周病は歯周病菌という細菌が悪さをする事で、症状が進行していく怖い病気です。症状としては歯茎に炎症を伴いながら、歯を支えている骨の部分が溶けていくので、歯を支えられなくなってしまいます。歯周病の怖い所は虫歯と異なり痛み等のシグナルが無く、症状が進行してしまうので、定期的に通える歯医者が存在しないと、歯が抜けてしまうリスクがあります。歯周病が進行する前に歯医者を利用する必要がありますが、その為には痛み等の表面上の問題が無い段階でクリニックに行く必要があるので、中々ハードルが高いです。その為虫歯等の別の問題で歯医者を利用した時に歯周病も発見されるケースが多くなりますが、その段階ですと既に症状が進行してしまっている可能性があります。基本的に口内は色々なトラブルが起きやすいので、何も症状を感じていない段階から定期的に歯医者を利用する習慣を作るのが大切です。早期の段階で異変を発見して貰えれば、歯周病の進行を上手に食い止めて貰う事ができます。

Page Top